どうするのが満足できるのか?

住宅ローンを利用する場合には、自分なりに納得できる住宅ローンを見つけるというのがオススメではないかと思いますが、そのような点を十分に調べておくというのは大切な事になるようにも思いますが、色々と住宅ローンを利用する場合には、返済が行いにくくなった場合には、どのようにする必要があるのか、または、どのような事を選択する事が出来るのかという点についても前もって検討しておくというのがオススメになります。

色々な住宅ローンがありますが、もしもの時のことを考えた場合には、前もってしっかりと準備をしておくというのが、もしもの時にも備えることによって十分に検討する事が出来るようになってくるというのが大切になってくるのではないかと思います。

その点については、コチラのHPのホームページなどを参考にすることによって、より満足出来るものを見つけておくというのがオススメではないかと思いますので、より良い方法を選択すると良いかと思います。

日経平均はどこまで上昇するのか?ポイントは2つ!

日経平均は、昨年10月頃から見るとちょうど40%ほど上昇した。はやくもバブル化を指摘する意見も有るほどである。

では、どこまで上昇するのか? 続きを読む

ゲットする

車の色で買取額は変わるか?人気のボディーカラーなら買取額が高くなることが期待できそうです。
ご自身の車を買われる時にボディーカラーを選択する際聞いたことがある方も多いんじゃないでしょうか?
どの車種でもよく査定額が高いといわれているのは『白/黒/パールの白』ですね~。 続きを読む

バブルの前兆でしょうか?

安倍内閣が提唱する通称「アベノミクス」経済政策で、円安とともに株高が実現しました。

先週のG20では、日本の円安が政策的円安と見なされてしまうかと思いきや、麻生さんの強面が効いたのかどうか不明ですが、あくまでデフレ脱却のための金融緩和、ということで落ち着きました。

考えてみれば、先のユーロ危機の時に各国が一斉に自国通貨安へあからさまな政策をとってきました。

当時日本では、藤井財務大臣が歯を食いしばって、円安誘導政策はとりませんでした。

もし、あの時日本も同じように自国通貨安(=円安)の政策をとっていたら、どれだけの国がいまだに財政危機にあえいでいたことでしょう。

それを知ってか、今回いくつかの国やアメリカの自動車業界からは、円安政策と非難するコメントが出てきましたが、アメリカ政府筋からは、今回の政策を非難する声明は出てきていませんでした。

このことがG20にも表れていたのかと思います。

・・・ということは、日本の円安基調は海外で承認済、と言えるわけですから、今回の円安トレンドは長く続くのだと考えられています。

さて、そうなると株高もしばらく継続と考えるのが自然です。

一方でアベノミクスのもう一つの政策である「物価上昇2%」がじわり効いてくるのではないでしょうか?

資産デフレから一気に緩やかなインフレへ、この20年ぶりともいえる大転換は来るのでしょうか?

日経平均が約20%上昇したのは周知のとおりですが、東証REIT指数は、大きく上回って35%上昇しているのです。

バブルを想像してもおかしくはない状況かもしれません。

このサイトで、体系的な流れが語られています。ご参考までに⇒スキルアップ不動産投資成功法で勝ち組オーナー