ビデオオンデマンドの特徴

ビデオオンデマンド(VOD)とは、ケーブル-テレビなどで視聴者の要求に応じて番組を視聴することを可能にするサービスです。
1990年代中頃に、ケーブルテレビ網や光ファイバー網にコンピュータシステムを組み合わせて、個々のユーザの要求に合わせて、見たいときに見たい映画を放送する「ビデオオンデマンド」(VOD:Video On Demand)システムが注目され、「オンデマンド」という言葉が広まりました。
その後、インターネットの普及、発展に伴い、従来のテレビ放送などのお仕着せのメディアにはない優位性をもった、インターネット上のサービスであるオンデマンド性がもてはやされるようになりました。
こんにちでは、WWWやメールをはじめとするインターネット上のデータ配信は、ほとんどがオンデマンドで行われております。
VODの特徴は何といっても、ユーザが要求した時点でコンテンツを配信する通信であり、放送では行う事が出来ない映像の一時停止・巻戻し・早送りなどの操作が可能なため、非常に利便性が高いことにあるでしよう。
また、コンピュータや周辺機器の充実に伴い、読者の要求ごとに書籍を印刷・販売する「オンデマンド出版」など、インターネットとは直接関係ない分野でも、新たな形態のサービスを考える上での重要なファクターとして台頭しつつあります
女倶楽部

コメント